先天性健康障害をもつ子どもと家族への看護実践の課題  [in Japanese] Tasks of Nursing Practice for Children and Families with Congenital Health Problems  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は、先天性健康障害をもつ子どもと家族に対する看護実践の課題を明らかにすることである。対象は新生児や乳児が入院する病棟の看護師および助産師であり、調査方法は質問紙法を用い、有効回収(率)109(41.60%)であった。結果は、基礎的看護実践能力の「生活支援」「精神的支援」「家族の希望の明確化」の3領域全てにおいて、〈実施〉は〈必要性〉よりも有意に低く(t=4.52〜15.75,p<0.000)、課題得点は、「精神的支援」7.66,「家族の希望の明確化」7.54,「生活支援」7.02,の順に高く、対象の所属別では、新生児集中治療室は小児病棟等より「家族の希望の明確化」の課題得点が有意に高かったことから(t=3.31,p<0.001)、家族に関わる実践能力の育成を検討する必要があるといえる。

Journal

  • Journal of Japanese Society of Child Health Nursing

    Journal of Japanese Society of Child Health Nursing 21(3), 8-13, 2012

    Japanese Society of Child Health Nursing

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009553731
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11583347
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1344-9923
  • NDL Article ID
    024128620
  • NDL Call No.
    Z19-B293
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top