マザー工場制の変化と海外工場 : トヨタ自動車のグローバル生産センターとインドトヨタを事例に Changes of Mother Plant System and Overseas : The Case of Global Production Center of Toyota and Toyota Kiloskar Motor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 徐 寧教 SUH YoungKyo
    • 東京大学大学院経済学研究科経営専攻 Department of Management, Graduate School of Economics, the University of Tokyo

抄録

本研究はマザー工場制の変化と海外工場の関係について分析している。日本の企業は海外生産を行う際に、本国の生産システムを海外に移転させようとしてきた。その方法の一つとして指摘されたのがマザー工場システムである。しかし、グローバル経営が拡大するなか、マザー工場システムは様々な問題と限界を現わした。本稿では、トヨタ自動車のグローバル生産センターとトヨタのインド工場の事例を通じて、マザー工場制の変化について議論する。トヨタの取り組みは本国工場のマザー工場としての負荷を軽減させ、本国から海外への知識移転を効率化させたと評価することができる。

In this paper we examine changes of mother plant system through the case of Toyota. Mother plant system is used for transferring production system in many Japanese firms. Mother plant supports production of foreign plants. After 2000's, Toyota's production in overseas grew rapidly. With growth of production in overseas, numbers of foreign factories grew too. When Toyota increases its production volume in overseas, many problems have been occurred. Global Production Center (GPC) is established to solve problems of mother plant system. GPC decreases burdens of mother plant and make home country's knowledge easier to transfer.

収録刊行物

  • 国際ビジネス研究

    国際ビジネス研究 4(2), 79-91, 2012

    国際ビジネス研究学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009553908
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12402856
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1883-5074
  • NDL 記事登録ID
    024097094
  • NDL 請求記号
    Z71-Y223
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ