周辺およびペデスタルの物理  [in Japanese] Edge and Pedestal Characteristics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ITERおよび原型炉では,プラズマ境界近傍に急峻な圧力勾配を伴う輸送障壁を形成する閉じ込め改善モード(Hモード)の適用が炉心プラズマの定常性および高閉じ込め性能維持のため必要不可欠となっている.JT-60SAでは,(1)ITERや原型炉の実現に向けて外挿性のあるペデスタル物理基盤および制御手法の確立,(2)ITERにおける重要課題であるELM熱負荷低減,電子加熱主体時におけるペデスタル/ELM特性,DEMO炉を想定した高ベータ長パルス放電時における壁飽和とペデスタル性能の両立をめざした研究の実施,そして,(3)原型炉へ向けたペデスタル条件の最適化による燃焼プラズマの制御性の検証を主要目標に掲げた研究を展開していく.JT-60SAは,特に,強制冷却ダイバータを用いた高ペデスタル性能の長時間保持,高ベータプラズマとELM熱負荷低減の両立等,総合性能向上へ向けた「周辺およびペデスタルの物理」に関する研究を大きく進展させるものと期待されている.

Journal

  • プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research

    プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research 88(11), 669-671, 2012-11-25

    プラズマ・核融合学会

References:  4

  • <no title>

    OYAMA N.

    Nucl. Fusion 50, 064014, 2010

    Cited by (1)

  • <no title>

    SAKAMOTO Y.

    Plasma Phys. Control. Fusion 46, A299, 2004

    Cited by (1)

  • <no title>

    DOYLE E. J.

    Nucl. Fusion 47, S18, 2007

    Cited by (1)

  • <no title>

    URANO H.

    Nucl. Fusion 48, 045008, 2008

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009554635
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10401672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09187928
  • NDL Article ID
    024122059
  • NDL Call No.
    Z15-8
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top