eラーニング学習管理システム(LMS)を活用したメタボリック症候群向け保健指導  [in Japanese] Health education using e-learning for metabolic syndrome  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

対面型保健指導にくわえ、1ヶ月間Web(eラーニング)による支援を行った。適切にプログラムを実施するため、食事と運動の進め方を紹介した動画をWeb上にアップロードし、受講者はいつでも視聴・確認できるようにした。また受講者が実施した運動記録、アクセス日時、テスト成績、発言回数・内容などの学習進捗状況は、LMS(Learning management system)で管理。あわせて参加者同士が現状報告、励ましなど相互支援できるコミュニティスペースを実装。参加者は某健康保険組合の組合員および家族、男女163名。1ヶ月間の食事・運動プログラムを実施し、開始前と開始後の腹囲、掲示板へのアクセス状況、参加者の感想について調査した。1ヶ月の記録表(4回)、プログラム前後のアンケートすべてを提出した者は79名(回収率48.5%)。アンケート提出者の腹囲の変化は、開始前に比して男性1.9cm減、女性2.5cm減と統計学的に有意な減少が認められてた。This study examined the effcts of e-learning for health education in the field of metabolic syndrome. 79 participants (48.5%, 40 males and 39 females) out of 163 (67males and 96 females) completed a 4-week e-learning program using learning management system (LMS). Completed males and females significantly decreased in waist circumference (male 1.9 cm, females 2.5 cm). These results suggest that the health education program using e-learning system is useful for preventing and improving metabolic syndrome.

Journal

  • Kumamoto University policy research

    Kumamoto University policy research (4), 11-21, 2012

    Kumamoto University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009557135
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12462257
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2185-985X
  • NDL Article ID
    025846487
  • NDL Call No.
    Z72-B395
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top