ホームレス状態の解消と持続する排除 : 社会的包摂志向のホームレス対策に向けて Resolved Homelessness but Sustained Exclusion : Toward the Policy for the Homeless People Oriented Social Inclusion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ホームレス問題が社会的排除の一つの典型であるならば, ホームレス対策は社会的包摂を志向するものであるべきである. 本稿の目的は, ホームレス状態の解消が社会的排除の克服に結びついているかどうかを検討することにある. そのために, 筆者がホームレス状態からアパート生活に移行した人々を対象として 2009 年に実施した調査の結果を用いて, ホームレス状態解消後の被排除状況を, 先行研究の分析枠組みに依拠しながら分析した. その結果, 第 1 に, 回答者の多くはホームレス状態を解消してもなお社会的に排除された状態に置かれていることが明らかになった. 第 2 に, 被排除状況には年齢階層による相違がみられ, 若年層では生活保護受給後の孤立化が, 高齢層では居住環境の低位性が課題となっていることがうかがえた. 第 3 に, 生活保護受給者の多くが, 社会的必需項目を剥奪されていることが明らかになった.

収録刊行物

  • 日本福祉大学社会福祉論集

    日本福祉大学社会福祉論集 (128), 51-65, 2013-03-31

    日本福祉大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009557948
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11400425
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1345174X
  • NDL 記事登録ID
    024862655
  • NDL 請求記号
    Z6-174
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ