前立腺がん術後の尿もれに対する行動とその意味  [in Japanese] The behavior and its meaning of the nrine leak after a prostatic carcinoma operation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 西村 めぐみ Megumi Nishimura
    • 関西看護医療大学看護学部老年看護学 Kansai University of Nursing and Health Sciences ,Faculty of Nursing, Gerontologal Nursing
    • 西垣 里志 Satoshi Nishigaki
    • 関西看護医療大学看護学部精神看護学 Kansai University of Nursing and Health Sciences ,Faculty of Nursing, Psychiatrical Nursing
    • 柳澤 恵美 Emi Yanagisawa
    • 関西看護医療大学看護学部老年看護学 Kansai University of Nursing and Health Sciences ,Faculty of Nursing, Gerontologal Nursing

Abstract

前立腺全摘除術後の尿もれに対する行動と行動に至るまでの考えや思いから、その行動の意味を明らかにすることを目的に、3名の対象者に半構成的インタビューを行った。結果、尿もれに対する行動には、〈制限時間を決める〉や〈もしものことを予測する〉があった。尿もれに対する行動に至るまでの考えや思いには、〈自分との比較〉〈同病者との比較〉〈他のがんとの比較〉があった。この比較が前立腺がんと尿もれに対するその人なりの理解と前向きな尿もれに対する行動へと導いていた。また、この比較が、尿もれが起こっている状態で留まるのではなく、尿もれに対して行動に至るエネルギーや原動力となり、尿もれを抱えながらもその人なりの生活の質を高めていくことができるのではないかと考えられた。

Journal

  • 関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 5(1), 4-9, 2013-03

    Kansai University of Nursing and Health Sciences

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009561554
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12398668
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1883-5686
  • Data Source
    NII-ELS  IR 
Page Top