Be-code : ロゴ画像への情報埋込とそのデザイン評価 Be-code : Information Embedding for Logo Images and Evaluation of Its Design

この論文をさがす

著者

抄録

携帯端末にURLなどの情報を入力するために, QRコードに代表される二次元画像コードが利用されている.従来の二次元画像コードは画像自体に意味をもたないことが多く,コードを商品に貼り付けることでデザイン性を損ねることがあった.本研究では,ロゴなどの2値画像を生かした二次元コードであるBe-code (Binary-emblem code)を提案する. Be-codeは,ロゴのエッジ部分に画素レベルの変更を加えることで,ロゴの見た目を保ったまま情報を埋め込むことができる.情報読込みはカメラの観測画像から行うことができ,原画像の参照も必要としない.実験では,携帯端末を用いてBe-codeの読取り精度の検証を行い,高い精度で読取りができることを確認した.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A 95(12), 799-812, 2012-12-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009562667
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135707
  • NDL 記事登録ID
    024132120
  • NDL 請求記号
    Z16-605
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ