写像枝を用いた系列二分決定グラフ Sequence Binary Decision Diagrams with Mapping Edges

この論文をさがす

著者

抄録

二分決定グラフ(Binary Decision Diagram, BDD)は,論理関数を効率良く処理することができるグラフである.BDD処理系のメモリ効率は,節点数に依存する.BDDの節点数を削減する手法として,BDDに属性枝を付与する手法が提案されている.BDDに属性枝を付与すると,同じ部分グラフの数が増加し,同一の節点が効率良く共有される.一方,系列二分決定グラフ(Sequence Binary Decision Diagram, SeqBDD)は,文字列集合を表現するデータ構造である.SeqBDDは,変数の出現順序や構築ルールがBDDと異なる.このため,SeqBDDは,BDDとは違った節点の共有手法を適用できる可能性がある.本稿では,属性枝を付与した新しいSeqBDDの節点の共有手法を提案する.本稿で提案する枝に属性として写像を付与したSeqqBDDは,ある文字列集合を一意に表現することができる.よって,本データ構造は,通常のSeqBDDと同様に,グラフの一意性を利用した効率のよい集合演算を提供することができる.

A Binary Decision Diagram (BDD) gives efficient boolean function manipulations. The memory efficiency of BDDs depends on the number of their nodes. We can reduce the number of nodes of BDDs by adding attributed edges: nodes are shared efficiently since the number of the same sub-graphs increases when attributed edges are used. Sequence Binary Decision Diagram (SeqBDD) is a data structure that represents a set of strings. SeqBDDs are different from BDDs with respect to the variable ordering and the construction rules. Therefore, there may be another approach to share nodes of SeqBDDs. In this paper, we propose a new technique for sharing nodes of SeqBDDs with attributed edges. We prove that there exists only one canonical SeqBDD with attributed edges corresponding to one set of strings. This property is the same in the case of SeqBDDs. Therefore, our proposed data structures give efficient sets of manipulations as well as SeqBDDs.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション 112(21), 23-28, 2012-04-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009564277
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013152
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ