「縮減」される意味と問題 : セクシュアル・ハラスメントと法・制度 Sexual Harassment Policies in Japan : Progress and Problems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本において「セクシュアル・ハラスメント」が問題として社会的に浮上したのは1989年のことであった。それは、福岡における裁判の提訴をきっかけとしていたが、まもなく「セクハラ」という略語が登場し人口に膾炙することとなった。その後1999年に、男女雇用機会均等法改正および人事院規則改正により、法制度上の規制対象となった。それと前後して、職場や大学で防止や問題解決のための取り組みが始まり、「セクハラ事件」に関連するメディアの報道も繰り返されて、セクシュアル・ハラスメントは私たちにとって「目新しい」問題ではなくなった。だが、そうした積み重ねにもかかわらず、問題の「解決」は相変わらず容易ではなく、セクシュアル・ハラスメント問題に関する社会的合意の形成に直接にはつながっていない。逆に、さまざまな対策や報道が問題をより紛糾させ「被害」を拡大再生産する可能性をはらんでおり、しかも対策の行われる制度上の限界や、過度に単純化される傾向のある報道のために、被害や問題の取り扱われ方が制限され、ある意味で「矮小化」される傾向を生んでいる。「セクシュアル・ハラスメント」は、このような意味で、「発見」された問題が法や制度に取り入れられる中で変容していく例として非常に興味深く、またそれだけでなく私たちがいかに知恵を結集し、少なくともより良い方向性を見いだしていけるかの試金石でもある。

Sexual harassment came to general attention as a problem in Japan at the end of the 1980's. Ten years later, in 1999, a law that requires employers to establish a policy against sexual harassment was enacted as a part of an amendment to the Equal Employment Opportunities Law. Every workplace, including universities and colleges, now has a policy requiring that the office or campus be free from sexual harassment. If examined, however, the development and institutionalization of the sexual harassment regulation is problematic in several ways, especially on campus. Firstly, the policies at workplaces and universities tend to stereotype the harasser and harassee, and to make women more vulnerable to sexual harassment and discrimination. Secondly, the concept of sexual harassment is easily mixed up with that of sexual crime so as to obscure and cover up the distinct problem. Sexual harassment has been seen as problematic only for a decade in Japan, thus it is not surprising that related policies are not yet working efficiently. It is understandable, or it might seem reasonable, to stress the evilness of the harassment and harasser to seek quick remedies. However, stereotypical understanding of the problem would obstruct future development for not only sexual harassment policies but also for abolishing discrimination against women in society.

収録刊行物

  • フォーラム現代社会学

    フォーラム現代社会学 3(0), 29-41, 2004

    関西社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009564606
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    13474057
  • NDL 記事登録ID
    7010741
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H426
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ