オタクという謎  [in Japanese] The Otaku Enigma  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

「オタク」と呼ばれる若者たちが、日本社会に登場したのは、1980年代の初頭であった。本稿の目的は、オタクが、いかに謎に満ちた現象であるかを示すことにある。オタクとは何か?オタクは、それぞれが関心を有する主題領域についての「意味の重みと情報の密度の著しいギャップ」によって、伝統的な趣味人や専門家からは明確に区別される。われわれは、オタクについての通念に反する4つの逆説を提示する。(1)オタクは、それぞれがコミットするきわめて特殊な主題にしか興味をもたない、と言われる。これは、事実だが、オタクの生成過程・発展過程の観察から、われわれは次のような仮説を導出する。すなわち、オタクが特殊な領域にしか興味をもたないのは、まさにその特殊な領域に普遍的世界が圧縮されて表現されているからである、と。(2)オタクは、現実をも虚構と本質的には異ならない意味的な構築物と見なすような、アイロニカルな相対主義者である。オタクは、意識のレベルでは、虚構の対象に対して、このようにアイロニカルな距離を保ちながら、反対に、行動のレベルでは、その同じ対象に徹底して没入してもいる。こうした意識と行動の間の逆立が、またオタクを特徴づける。(3)オタクは、他者との接触を回避する非社会性によって特徴づけられる。が、同時に、オタクは、他者を希求し、連帯を求めてもいる。オタクの主題領域に見出された逆説(普遍性の特殊性への反転)に対応した両義性が、対他関係にも見出されるのだ。すなわち、オタクにあっては、他者性への欲求が、他者性の否定(類似性への欲求)へと裏返るのである。(4)他者性への関心は、身体への関心としばしば並行している。身体の活動性の低下は、オタクの特徴である。だが、他方で、身体の活動性を上げることへの、つまり身体の直接性への関心もまた、現在の若者たちの特徴である。身体に関しても、背反するベクトルが共存している。以上のような逆説が、なぜ出現するのか。オタクを視野に収めた、社会学的な若者論は、これを説明できなくてはならない。

In the early 1980s, young people called otaku began to appear in Japanese society. The aim of this paper is to show how enigmatic this otaku phenomenon is. What is the meaning of otaku? As for the subjects in which otaku are interested, otaku is defined in terms of an extreme discrepancy between the degree of significance and the density of information. This paper will propose four otaku paradoxes as follows: Otaku are only interested in one particular subject. However, with regard to the genetic and developmental processes of otaku, we will hypothesize that for otaku the universal world is condensed into one particular subject such as animation, comics, computer games and so on. Otaku are ironic relativists who consider that reality is constructed by human communicative activities. However their behavior shows that they are absorbed in fictional objects. There is a contradiction between consciousness ("it is nothing but a fiction") and behavior ("it is the ultimate reality".) Otaku try to escape from relations with others. At the same time, they long for solidarity with others. In an otaku's relations with others we can find the same type of paradoxes that exist for their subjects: a conversion from universality to particularity and a desire for otherness that is reversed and becomes a negation of otherness, or a desire for similarity. The desire for otherness is parallel to an interest in the body. A lack of physical activity is characteristic of the otaku. A strong interest in physical immediacy is another characteristic of contemporary young people. Thus, there is also a contradiction in the domain of physical desire. Why do these paradoxes exist in the world of otaku? A sociological evaluation of otaku must answer this question.

Journal

  • Kansai Sociological Review

    Kansai Sociological Review 5(0), 25-39, 2006

    Kansai Sociological Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009564768
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11666921
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    1347-4057
  • NDL Article ID
    8619448
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-H426
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top