大阪の「笑いの文化」について : 大阪人の生活文化と笑い Osaka and Culture of Laughter : Osaka People's Lifestyle and Laughter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大阪とはどんな街なのか、「文化」の側面から考えるとき、「笑いの文化」を抜きにして大阪を論じることはできない。大阪では、漫才や落語、喜劇などの「笑いの芸能文化」が盛んであるばかりでなくて、大阪人の生活のなかに、暮らしの仕方の中に「笑い」が織りこまれている。大阪弁をはじめとして、大阪人の生活態度、価値観、ものの考え方の中に「笑いの文化」が一貫して流れていると言ってよい。大阪は、「サムライ社会」におけるように、「笑い」を軽蔑することなく、むしろ「笑い」を奨励する文化を発達させてきた。その発達の理由は、大阪が江戸時代から一貫して「商人社会」として発展をみてきたことにあると思われる。そこに商人たちのライフスタイル、生活文化が生まれたわけである。まずは大阪人が発達させた大阪弁があげられる。商人は、「交渉する」ことが日常の生業としてあって、大阪弁を使ってそれを円滑に行ってきたわけである。当然のこととして「 口の文化」が発展する。しかも商いは厳しい「競争関係」のなかで行われるので、競争からくる緊張や対立は、笑いによって緩和する必要がある。人と人との距離をできるだけ近くにとっていこうとするとき、笑顔や笑いは欠かせない。洒落やジョーク、笑わせるための方法も発達する。毎日の生活の中に笑いがあり、笑いのある生活文化が発達をみた。大阪人の生活文化と笑いとの関係を追跡した。

When considering Osaka in terms of "culture," one cannot avoid considering Osaka's "Culture of Laughter." In Osaka, entertainment arts that center around laughter - such as rakugo, manzai and kigeki (comedies) - continue to thrive, while laughter is also woven into the daily lives of Osaka's people. It can be said that a "Culture of Laughter" may be found not only in the Osaka dialect, but also in the way of life and the values of Osaka's people. Osaka has developed a culture that encourages laughter rather than look down upon it. It would appear that an explanation of this can be found in Osaka's development, during the Edo period, as a center for "merchant society." As a result, a merchant lifestyle and culture arose there. The Osaka dialect, developed by the people of Osaka, is one example. For merchants "bargaining" is a vital activity in their daily lives, and they are able to do this smoothly by making use of the Osaka dialect. And quite naturally, a "culture of the mouth" has developed. Moreover, because dealings and relations are "competitive," laughter helps to ease the tensions and avoid the confrontations that come with competition. When there is a need to shorten the distance between people, smiles and laughter are indispensable. Puns, jokes, and other methods to make people laugh also develop and there is laughter in daily lives and in the life culture which laughter has developed. This paper considers the relation between Osaka life culture and laughter.

収録刊行物

  • フォーラム現代社会学

    フォーラム現代社会学 5(0), 57-68, 2006

    関西社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009564771
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1347-4057
  • NDL 記事登録ID
    8619495
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H426
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ