図書館来館者数の増加を目的としたポイントカードの導入

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

図書館利用者数,貸出冊数を増加させる目的でポイントカードを導入し,その効果について検討した. 対象は平成22年度本学院在学生520名,平成23年度本学院在学生523名である. 平成23年10月から,図書館利用者にポイントカードを配布した.ポイントは,図書の貸出機会,返却機会,国家試験問題への挑戦について2ポイント,文献相互貸借申込について6ポイントが付与された.合計10ポイントで,借用可能な図書数を1冊増加,あるいは漫画本3冊の貸出という特典を準備した.さらに30ポイントで,漫画本10冊の貸出という特典を付与した.平成23年10月から平成24年2月までの期間における来館者数,貸出図書冊数を平成22年度の同時期と比較した. 平成22年度と23年度を比較すると,11月13.1%,12月11.4%,1月11.8%,2月39.5%の有意な増加を認めた.しかし,貸出冊数には,有意な変化を認めなかった. ポイントカードの導入は,利用者数を増加させるうえで有効に機能したものと考えられた.

収録刊行物

  • 高知リハビリテーション学院紀要

    高知リハビリテーション学院紀要 14, 23-25, 2013-03-31

    高知リハビリテーション学院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009573938
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11643653
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13455648
  • NDL 記事登録ID
    024647134
  • NDL 請求記号
    Z74-B959
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ