日本語の促音とアクセント Geminate Obstruents and Accent in Japanese

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2009年10月に始まった共同研究プロジェクト「日本語レキシコンの音韻特性」の中間報告を行う。このプロジェクトは,促音とアクセントを中心に日本語の音声・音韻構造を考察し,世界の言語の中における日本語の特徴を明らかにしようとするものである。促音については,主に外来語に促音が生起する条件およびその音声学・音韻論的要因を明らかにすることにより,日本語のリズム構造,日本語話者の知覚メカニズムを解明することを目指している。アクセントについては,韓国語,中国語をはじめとする他の言語との比較対照を基調に,日本語諸方言が持つ多様なアクセント体系を世界の声調,アクセント言語の中で位置づけることを目指している。本論文では本プロジェクトが明らかにしようとする問題点と近年の研究成果を総括する。

This paper reports on the progress of the collaborative research project 'Phonological characteristics of the Japanese lexicon', which was initiated in October 2009. This project investigates the phonetic and phonological aspects of Japanese with main focus on sokuon (geminate obstruents) and accent, with a view to clarifying the main characteristics of the language in comparison with other languages of the world. Regarding sokuon, the project attempts to illuminate the rhythmic structure of Japanese and the perceptual strategies that its native speakers employ, by revealing the linguistic conditions on sokuon in loanwords and their phonetic/phonological basis. Research on accent, on the other hand, studies the prosodic systems of a variety of Japanese dialects in comparison with those of other accent and tone languages in the world such as Korean and Chinese. This paper summarizes the main questions that this project aims to solve as well as some results of the recent research on the two topics.

収録刊行物

  • 国語研プロジェクトレビュー

    国語研プロジェクトレビュー 6, 3-15, 2011-10

    国立国語研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009576193
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12480598
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    21850119
  • データ提供元
    NII-ELS  IR 
ページトップへ