インクルーシブデザインに基づいたインタラクティブな人形劇の開発と実践  [in Japanese] The Development and Practice of Interactive Puppet Theater System Based on Inclusive Design  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,健常者も聴覚障害者もともに楽しめるPuppet Theaterを開発した.このPuppet Theaterは,せりふを埋め込んだコンテンツアニメーションと人形とで上映する.コンテンツアニメーションは,途中で鑑賞者が内容を選択できるようになっており,センシング技術を用いて身体動作で選択するとコンテンツの内容が楽しめるのが特色である.Puppet Theaterの有効性について検討するために,健常者と聴覚障害者の二つの群を設定し,それぞれに評価実験を実施した.その結果,情意,共感,デザインの側面,身体動作による物語への参加についても,同程度に楽しめたという結果が得られ,Puppet Theaterの有効性が検証できた.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion)

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 96(1), 61-69, 2013-01-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009577690
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    024206302
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top