ノード性能の不均質な無線センサネットワークのためのハイブリッド型ルーチング方式  [in Japanese] Hybrid Routing Method for Wireless Sensor Networks with Heterogeneous Node Types  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 木下 和彦 KINOSHITA Kazuhiko
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
    • 戸出 英樹 [他] TODE Hideki
    • 大阪府立大学大学院工学研究科知能情報工学分野 Department of Computer Sciences and Intelligent Systems, Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University
    • 村上 孝三 MURAKAMI Koso
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University

Abstract

無線センサネットワークでは消費電力の効率化によるネットワーク寿命の延長が重要な課題であり,クラスタを作成し,多数のノードからのデータを集約することにより効率的な通信を可能とするクラスタリング型プロトコルがよく用いられるが,全てのデータはシンクに向けて伝送されるため,シンク近辺では負荷が集中するという問題がある.一方で,全ノードがシンクに向けたマルチホップ通信によってデータを転送する非クラスタリング型プロトコルでは,各ノードの役割に差が少ないため転送負荷の偏りが生じにくいが,集約可能なデータ量が少ないため,転送データ量の削減が難しい.また,最近では,少数の高性能ノードを導入することで,低コストで効率的にネットワークの寿命を延長する方式が注目されている.そこで本論文では,ノード性能の不均質な無線センサネットワークにおいて,クラスタリングによるデータ集約と,シンク周辺での非クラスタリング型マルチホップ通信による負荷分散とを併用したハイブリッド型ルーチング方式を提案する.提案方式では,シンクから遠距離のノードはクラスタリングを利用して効率的にシンク周辺までデータを転送し,シンク周辺では非クラスタリング型マルチホップ通信によって各ノードの負荷を分散させる.更に,利用されるノードの性能とセンシングの対象範囲から,クラスタリング型と非クラスタリング型の境界となる距離の最適値を数学解析モデルによって近似的に導出する.最後に,計算機シミュレーションによって提案方式の有効性を評価する.

Journal

  • The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 96(2), 102-113, 2013-02-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  30

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009578216
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    024267491
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top