会計計算を通じた知識形成に関する研究 : 日本電気化学におけるMFCA導入事例を通じて  [in Japanese] Knowledge Constructing and Accounting Calculation : Case Study for MFCA Introduction in NDK  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本論文では日本電気化学におけるMFCA事例の分析を通じて,計算活動との関係で資源生産性に関するローカルな知識が形成されるプロセスを明らかにしている。資源生産性という抽象的な概念は,対象の測定やデータへの評価といった一連の計算活動を通じてローカルな知識へと翻訳され,組織実践を変化させた。これらの分析を通じて中小企業におけるMFCAへの実践的なインプリケーションを探っている。

Journal

  • The Journal of Cost Accounting Research

    The Journal of Cost Accounting Research 36(2), 1-14, 2012

    The Japan Cost Accounting Association.

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009579248
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1349-6530
  • Data Source
    NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top