感情表出動詞の人称制限と変化後の局面の二重性 Person Restriction Observed in Verbs of Expressed Emotion and Duality of the Resulative Phases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文は,スル形で発話時が指示可能であり,人称制限が観察される,「困る」,「照れる」,「イライラする」といった感情を表現する動詞(以後,感情表出動詞) を分析し,その局面構造と人称制限のメカニズムを明らかにすることを目的としている。分析の結果,(1)感情表出動詞は,感情出現,感情表出動作,感情状態の3の局面からなる局面構造を持つこと,(2)シテイル形に見られる人称制限解除が,感情表出動作によるものであり,証拠性の概念にうったえる必要はないこと,(3)スル形・シタ形に観察される人称制限は,それぞれの形が見せる一般的な使用制限から説明可能であること,の3点が明らかになった。

This paper analyzes verbs of expressed emotion in Japanese, such as <i>komaru</i> (be in trouble), <i>irairasuru</i> (be irritated), and so on. The verbs of expressed emotion have two idiocyncracies: person restriction on the subjects is observed when the suru-forms are used, but it is cancelled when the te iru-forms are used; the suru-forms of the verbs of expressed emotion can refer to the utterance time. This paper reveals that these two peculiarities result from the following: (1) the phase structure of verbs of expressed emotion is composed of <i>emergence of emotion, expressing emotion, and emotional state; </i>(2) the cancellation of person restriction is due to the fact that the phases described by the teiru-forms of the verbs of expressed emotion are observable; (3) person restriction is due to privacy of emergence of emotion.

収録刊行物

  • 尚絅学園研究紀要 A.人文・社会科学編

    尚絅学園研究紀要 A.人文・社会科学編 6(0), 63-77, 2012

    学校法人 尚絅学園 尚絅学園研究紀要編集委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009579449
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12209696
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-6290
  • NDL 記事登録ID
    023781493
  • NDL 請求記号
    Z71-S766
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ