手続き型言語におけるデータバインディング機構の提案と構造化設計への適用  [in Japanese] A Data Binding Mechanism for Procedural Languages And Its Application to Structured Design  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

オブジェクト指向によるソフトウェア開発では,プロパティ間のバインディングを利用してオブジェクトを連携させる手法が広まってきている.オブジェクト指向を用いない手続き型言語のプログラミングにおいても,機能を提供するコード自体を変更せずに,モジュール間の結合を変更しやすくする方法があれば,独立性,再利用性を損なわずにソフトウェアの変更や拡張を容易に行うことができる.本稿ではこのためにcovalと呼ぶ仕組みを提案する.covalは複数のモジュール間で共有される変数を利用して制御を受け渡す仕組みであり,C言語のライブラリとして実装した.covalを使ってC言語のモジュールを関連づけることにより,既存のコードへの変更を抑えつつ,機能を追加,変更できることを確認した.本稿ではさらに,小規模な組込みソフトウェアへの適用例を示し,構造化モデリングをベースとしたシステム開発におけるcovalの有効性について論じる.Recently, in the software development by object-orientation, data-binding techniques become popular, which make objects cooperate by binding their properties. Even using procedural programming languages which do not have object-oriented features, if some mechanism that can easily change the binding among software modules is provided, it is possible to smoothly modify and extend the software, preserving the independency and the reusability of modules. This paper proposes a data-binding mechanism named coval, which is implemented as a library in C. Covals transfer control via a variable shared among related modules. With covals, appending and replacing features become easier, suppressing modification of the existing code. This paper also shows small embedded programs with covals, and discusses the usage of covals in the structured design of systems.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 54(4), 1573-1580, 2013-04-15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009579572
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top