音楽要素の分解再構成に基づく日本語歌詞からの旋律自動作曲 Automatic Melody Composition from Japanese Lyrics with Combination of Decomposed Musical Components

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

日本語歌詞からユーザの意向を反映して多様な歌唱旋律を生成するための自動 作曲法があれば,歌のプレゼント,メールの歌い上げ,非専門家の創作支援な どが行える.本論文では初めに,自動作曲される旋律の多様性向上と音楽性の 保持の両立が難しいこ とを議論し,特に日本語歌詞から歌唱旋律を生成する際には,(1)音符数の変化 にかかわらず同じ印象を持つリズムの生成法と,(2)ユーザの意向,歌詞の韻律 と古典的な作曲法に基づ く制約条件を満たす音高列の生成法が必要であることを論じる.(1)については リズム木構造仮説に基づく方法,(2)については,動的計画法を用いた確率最大の音高系列 の探索により解決できることを示す.様々な制約条件のもと自動作曲した結果について専門家による評価を行ったと ころ,本手法によって古典的な歌唱旋律の作曲法からの逸脱の少ない旋律が生 成されることが示され,ユーザの意向を反映して多様な旋律を歌詞から生成す る方法として有効であることが分かった.This paper describes a method for generating melody of songs from Japanese lyrics with certain variety and reflecting the user's intentions. We discuss that both increasing variety on generating songs and maintaining musicality is a difficult task. In case of composing songs from Japanese lyrics, two problems have to be solved: (1) how to generate rhythms with keeping the character despite the various change in number of notes, (2) how to obtain pitch sequence that satisfies the constraints given by the user's intentions, prosody of lyrics and conventional composition methods. We argue that method with the "rhythm tree hypothesis" can be exploited for problem (1), and problem (2) can be solved by searching the pitch sequence with maximum probability by using dynamic programming. Experiment was taken place for evaluating the generated results, which indicated that our method mostly generated melodies which satisfy the conventional musical theory.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 54(5), 1709-1720, 2013-05-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009579789
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ