主要顧客比率が企業業績に及ぼす影響について  [in Japanese] Supplier-Customer Relationship and Financial Performance  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,顧客との関係に焦点を当てた戦略の遂行が企業業績にどのような影響を及ぼすかについて,わが国製造業の財務データを用いて実証分析を試みている。分析の結果,主要顧客の存在及びその比率はサプライヤーの企業業績に影響を及ぼすことが明らかになった。また,主要顧客を持つことは,部分的にではあるが企業の利益持続性に影響を与えることが示された。

Journal

  • The Journal of Cost Accounting Research

    The Journal of Cost Accounting Research 34(2), 116-126, 2010

    The Japan Cost Accounting Association.

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009581768
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-6530
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top