グラフ構造に基礎をおく地図データベース構造の試作と福岡市街道路網での検証  [in Japanese] A Map Database Structure based on Graph Structure and its evaluation using a Fukuoka City Road Map  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

道路網や公共交通網を記述した地図データベースに重ね合わせるような形で、渋滞情報や最短経路案内などの交通情報を表示したいとき、交差点、信号機のような地点データだけでなく、道路の区間も精密に記述する必要がある。そのため、地図データベースでは、交差点、信号機を記述する点オブジェクトに加え、区間オブジェクトを扱える必要がある。これらの 2 種のオブジェクトは全体でグラフ構造をなす。グラフ構造は,R 言語のような外部言語のオブジェクトとして簡単に取り扱える必要もある。本稿では、R 言語のグラフ構造のオブジェクトを,レコード構造にマッピングする.このことで,グラフは,SQL 言語や R 言語などで簡単に扱えるようになる。本稿では,福岡市内の道路網の地図データベースを試作した報告を行う。福岡市街地の道路網に対して R 言語の最短経路検索機能を簡単に扱えることの確認までを終えている。

When overlay displaying traffic information onto a network data such as road-network or traffic-network, it must be described as point data and interval data. A point represents an intersection of roads, or a traffic signal, etc. Then, a map database constists of two types of data. They are point type and interval type. These objects form a graph structure. The problem is the easiness of use of graph data on a host language such as R language. In this report, a graph is mapped onto sets of records. It enables to handle graph data easily using programming languages such as R language, SQL language, etc. In this report, a Fukuoka City map database is also presented. Using a graph object describing roads in the Fukuoka City, graph handlings such as finding shortest paths becomes easy.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2013-DBS-157(3), 1-6, 2013-07-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009585811
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10112482
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top