ウェブページのツイート行動への関心反映度に関するブラウズ行動のコンテキストに注目した分析 Context Oriented Analysis of Interest Reflection of Tweeted Webpages based on Browsing Behavior

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Twitter は最も広まっているマイクロブログであり,アクセスしたウェブページをシェアする場として多くのウェブユーザが利用していることから,ソーシャルウェブにおける多様な推薦システムを生み出している。しかし,ウェブページヘのアクセスと Twitter におけるシェアとの差異はほとんど顧みられておらず,多くの推薦システムは 「シェアは関心の良い反映である」 (つまり,ユーザはアクセスしてみて内容に興味を持ったお気に入りのウェブページをシェアする) という未確認の仮説に基づいている。本論文では,ウェブページのアクセスとシェアの差異についての可能性を検討し,実態に照らして検証を行う。ウェブページのツイートにおける関心の反映度を深く分析するために,ネット視聴データ,Twitter データ,およびウェブページデータを用いて,ユーザのブラウズ行動を調査し,新たに開発したコンテキストに注目したアプローチを示す。実験により Twitter における関心の反映度を効果的に評価できることが確認された。

Twitter, the most popular micro-blog, attracts more and more Web users to share their accessed web pages and stimulates diverse recommendation mechanisms on social Web. However, the difference between webpage access and sharing on Twitter is almost not considered seriously, and many recommendation mechanisms are proposed based on an unproven common sense: "share" well reflects "interest" (users share their favorite webpages containing interested contents after accessing them). In this paper, we explain the difference between webpages access and sharing by giving possible reasons, and confirm them with actual users' activity data. We study the browsing behavior and develop a novel context-oriented approach to deeply analyze interest reflection of tweeted webpages by using net view data, twitter data, and webpages. The experimental result shows our approach can effectively evaluate credibility of interest reflection on Twitter.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告

    情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告 2013-IFAT-111(28), 1-6, 2013-07-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009585870
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10114171
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ