戦後の図書館学教育と女性司書(1) - 鬼頭當子と大学図書館 - Postwar Library Science Education and Female Librarians (1): Masako Kito and Academic Libraries

この論文をさがす

著者

抄録

「戦後の図書館学教育と女性司書」として、鬼頭當子(きとう まさこ)への聞き取りによるオーラル・ヒストリーの研究を行った。鬼頭が、実践女子専門学校から、実践女子大学図書館、慶應義塾大学図書館学科、国際基督教大学図書館とすすみ、館長になるプロセスをおいながら、「結婚、出産と仕事」、「全面開架とサイン」「UTLAS、大学教育」などを聞き取ることにより、鬼頭の歩んできた道がライブラリアン一筋の生き方であると同時に、戦後女性の生き方であることを浮かび上がらせた。

This paper presents the results of oral history-based on the research conducted through interviews withMasako Kito on the subject of postwar library science education and female librarians. During her career,Kito started out at Jissen Higher Specialized School and subsequently progressed to Jissen Women'sUniversity Library, Keio University Department of Library Sciences, and International Christian UniversityLibrary, and then she became the Director of ICU Library. In the interviews, she was questioned on suchtopics as marriage, birth and work, full open stacks and signs, and UTLAS and university education.

収録刊行物

  • 実践女子短期大学紀要

    実践女子短期大学紀要 34, 121-142, 2013-03-19

    実践女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009587136
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11687830
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13477196
  • NDL 記事登録ID
    024792257
  • NDL 請求記号
    Z22-1159
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ