国立科学博物館維管束植物標本室へのAPGIII分類体系導入(記事) Rearrangement of the Specimens by the APG III System in the Herbarium, National Museum of Nature and Science(TNS)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

国立科学博物館の維管束植物標本室では,2012年,拡張に合わせて新エングラー体系からAPGIII分類体系への配列替えが行なわれた.その背景,準備,移動作業,移動後の利用者の反応を記録した.

The vascular plant herbarium, National Museum of Nature and Science (TNS) rearranged the specimens originally arranged according to the new Engler system to conform to the APGIII system in 2012, on the occasion of its expansion. The background and preparation of the rearrangement, the move of the specimens and users' responses are summarized.

収録刊行物

  • 分類

    分類 13(1), 39-43, 2013

    日本植物分類学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009592958
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11585830
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    1346-6852
  • NDL 記事登録ID
    024323985
  • NDL 請求記号
    Z74-C609
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ