家畜ふん堆肥を活用した新たな地域ブランド技術の創出(2011年つくば大会シンポジウムの概要)  [in Japanese] Creation of the new local brand technology by animal waste compost  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

化学肥料は国益に通じる戦略物質になりつつある。こうした状況下で作物生産を継続するためには,肥料原料の確保とともに,資源のリサイクル利用による省資源型農業の推進が重要な課題のひとつとなる。そこで,本稿では家畜ふん堆肥に含まれる肥料成分に着目し,その効率的利用に繋がる研究や技術開発,ならびに堆肥の適正利用を推進する先行事例を紹介する。

Journal

  • Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition

    Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition 83(3), 338-343, 2012

    Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009593720
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195767
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0029-0610
  • NDL Article ID
    023832976
  • NDL Call No.
    Z18-331
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE  JASI 
Page Top