グラフを通したパズル・ゲームの一般化  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

パズルやゲームの中には登場するモノの間の相互関係が重要になるものが多い.例えば,本特集における伊藤大雄氏の記事ではジャンケンにおける各手の関係を有向グラフとして見ることにより,その一般化を考察している.本稿ではほかの例として「アルクインの川渡りパズル」と「帽子パズル」を考察対象とする.この2つについては近年研究が進んでおり,そのなかで未解決である問題についても言及する.

Journal

  • [O]perations research as a management science [r]esearch

    [O]perations research as a management science [r]esearch 58(3), 161-166, 2013-03-01

    The Operations Research Society of Japan

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009594408
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364999
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL Article ID
    024320211
  • NDL Call No.
    Z4-108
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top