モード等価回路を用いた非一様媒質中伝搬の回路シミュレーションとその適用範囲  [in Japanese] Simulation and Requirements of Modal-Equivalent-Circuit Model in Propagation through Inhomogeneous Media  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では,モード分解法に基づいて得られたモード等価回路とその適用範囲の検討結果について述べる.システムグランドから一定の距離を隔てて設置されたケーブルに接続された送受信器からなる伝送系を対象としている.EMCの観点からモード変換の評価は重要であるが,実測や三次元電磁界シミュレーションは高コストであるので,低コストの回路シミュレーションにより実用的な精度で解析ができると非常に有用である.提案法では,線路部分では直交モードで伝搬し,モード変換は線路の平衡度が変わる接続部のみで生じるとする.非一様媒質中では直交モード伝搬は成立しないが,一定条件を満足すれば適用範囲内に収まることを示した.更に,モード間の伝搬の位相差に基づいて導出した判定式により適用周波数を調べられることを示した.

Journal

  • The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 96(4), 389-397, 2013-04-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009596114
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    024611590
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top