中学校美術科の鑑賞学習におけるウェブ上の画像利用の実態と意識に関する調査  [in Japanese] Web Images Used in Learning Art Appreciation at Junior High School  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 畔田 暁子 KURODA Akiko
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba

Abstract

本研究の目的は,美術科の鑑賞学習の授業において利用できる可能性がある学習コンテンツの1つであるウェブ上の画像に関して,鑑賞学習の授業での現在の利用状況,利用の際に必要な機器や機能・要素,教員の意識と利用の際の課題を明らかにすることである.現職の中学校美術科担当教員を対象として質問紙調査を行った結果,1)ウェブ上の画像は第3学年対象の鑑賞学習の授業において利用頻度が高い傾向があり,2)いずれの学年の授業においても「絵画など平面作品」の画像が利用されることがもっとも多く,3)美術科担当教員は,ウェブ上の画像には画質とともに「歴史・文化的背景」や「素材や技法の説明」などの情報が必要だと考えていることが示された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 36(Suppl.), 85-88, 2012

    Japan Society for Educational Technology

References:  3

  • 美術館・歴史博物館への支援

    文化庁

    http://www.bunka.go.jp/bijutsukan_hakubutsukan/shien/index.html, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    文部科学省

    中学校学習指導要領解説, 2008

    Cited by (1)

  • <no title>

    日本美術教育学会研究部

    図画工作科・美術科における鑑賞学習指導についての調査報告-2003年度全国調査結果, 2004

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009596224
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    024375155
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top