大学生の授業履修選択をライフストーリー作成を通して支援するソフトウェアの開発と評価 Development and Evaluation of Software which Supports Undergraduates to Plan for Taking Subjects Through Creating Their Life Stories

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大学は自分で選択した分野をより専門的,発展的に学ぶことができるのが魅力だが,その満足度は必ずしも高いものとはいえない.現代の大学生には,将来を考え,見すえながら,授業を受講する意味を見出せるように授業選択行動を支援することが必要だと考え,学生が自分のライフストーリーを作りながら,授業の履修計画の意味を再検討することを支援するソフトウェアを開発した.学生8名が使用したシーンを記録したビデオとインタビューを分析した結果,ストーリーを作りながら過去の自分の経験の意味を再発見したり,聞き手が学生の語りを引き出しやすくなり,履修計画の再検討につながるといった効果が得られることが示唆された.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 36(Suppl.), 173-176, 2012

    日本教育工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009596246
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    024376484
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ