初年次教育における自律的な学習を促すルーブリックの活用  [in Japanese] Collaborative Production of Rubric to Promote Self-Regulated Learning in First-Year Experience  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,初年次教育の学習活動において学生自身が到達目標を設定することが,学生の自律的な学習態度へどのような影響を与えるのかを明らかにすることである.初年次教育の授業において学生がルーブリックを作成し評価に用いる実践を行った.質問紙調査の結果,ルーブリックを自分達で作成することにより,多くの学生が目標と省察を意識しながら学習活動を行ったことが分かった.また,学生の自由記述を分析した結果,ルーブリックを自分達で作成することは「目標への意識」「課題に対する動機づけ/責任感」「課題の成果に対する省察」「評価に対する公平感」「多様な評価の観点の気付き」と関連していたことが分かった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 36(Suppl.), 209-212, 2012

    Japan Society for Educational Technology

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009596255
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    024376769
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top