力学事例における大学生の力の認知とルール適用との関連  [in Japanese] The Relation between Undergraduate Students' Recognition of Forces and Applying Rules in Mechanics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

力学分野の問題解決の先行研究より,学習者が力を正しく認知できないという知見が得られている。これに基づき,本研究では大学生84名を対象に「行為者」と「物体の運動」という構成要素に基づく力の認知が,2力のつりあいルールの事例での2力認知を妨害するかを検討した。その結果,2力非明示問題において,行為者が存在する事例,物体が運動する事例での2力認知率が高かったことから,学習者の力の認知には,事例における行為者の存在及び物体の運動という2要因の関与が示唆された。また,ルールの所有状況と2力認知の有無との間に有意な連関が見られなかったことから,2力のつりあいルール所有者も非所有者と同様に,行為者と物体の運動に基づいて力を認知しており,ルールを適用できる事例が限定的になっていることが明らかになった。以上の知見から,行為者と物体の運動に基づいて力を認知することが,事例における力の認知に制約を与え,結果としてルールの適用が阻害されると推察された。

In solving mechanics problems, students fail to apply the rules of mechanics properly because they cannot recognize the forces exerted on objects. The author examined whether students recognize forces by focusing only on components, such as availability of agents and/or motion of objects. Eighty-four undergraduate students solved problems concerning the equilibrium of forces. Availability of agents and motion of objects affected recognition of forces. No significant relation was found between the level of understanding of the equilibrium rule and the recognition of forces. These results suggest that focusing only on certain components interferes with the recognition of the forces and disturbs rule application.

Journal

  • THE JAPANESE JOURNAL OF PSYCHOLOGY IN TEACHING AND LEARNING

    THE JAPANESE JOURNAL OF PSYCHOLOGY IN TEACHING AND LEARNING 6(2), 53-60, 2010

    The Japanese Association of Psychology in Teaching and Learning

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009597341
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12040493
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1880-0718
  • NDL Article ID
    11017027
  • NDL Source Classification
    ZS2(科学技術--心理学) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z74-E570
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top