フォルダ・プログラミング環境におけるエンドユーザインタフェースに関する一考察  [in Japanese] Study of End User Interfaces for a Folder Programming Environment  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年,画像・映像・音声・構造化テキストなど様々なメディアに対する処理部品がオープンソースとして公開されてきている.これらの処理部品を使用して所望の変換を実現するには,複数の部品を組み合わせた処理を繰り返すなどのプログラミングが必要とされてきたが,これは,写真やビデオなど大量のメディアデータを所有するエンドユーザにとっては大きな負担となっていた.そこで,我々は,日常的にプログラミングを行わないPC利用者にも利用が容易なプログラミング環境POLDERを提案してきた.PCのデスクトップ上で広く普及しているフォルダ概念を拡張したPOLDERは,既存のメディア処理部品を容易にマッシュアップできる環境であり,処理を大量のデータに適用することが簡単に行える.本論文では,POLDERが提供しているプログラミング環境であるフォルダ・インタフェースの効果を調査することを目的に,コードを記述する従来型のテキスト・インタフェースとの比較を行う利用者実験を行っている.その結果,実験参加者のスキルや課題の複雑さによって両インタフェース間で作業時間などに差異が観測されたので報告する.Recently, various media processing components for photos, video, voice, and structured text data have been provided as open source software. Users must learn programming skills using programming environments in order to combine and apply these components iteratively to many photos and videos. However, users who have a large quantity of media data may find it difficult to learn and use these programming environments. We proposed the folder programming environment "POLDER," which is easy for novices who rarely do programming to use. It is based on enhancing the folder concept that prevails on the PC desktop. End users can easily mashup media components in this environment, which simply integrates existing components and to which many forms of data can be applied. To confirm the effectiveness of the POLDER interface, we conducted experiments where users compared the POLDER interface to a traditional text interface that described the code. The experimental results show a difference in the skill level of the subject and the complexity level of the problem between the folder interface and a corresponding text interface during the course of the experiments.

Journal

  • 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 6(2), 69-84, 2013-08-29

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009602860
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11464814
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Article
  • ISSN
    1882-7802
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top