グローバル時代における日本の雇用型テレワークの労働契約についての一考察 (特集 グローバリゼーションとテレワーク) Consideration on Japanese Employment contracts of Employed Telework in the Global Era

この論文をさがす

著者

抄録

現在およびこれからの日本の雇用型テレワークの労働契約のあり方・考え方を雇用契約の起源の史的考察をもとに考える。グローバリゼーションの進展のなか、日本的雇用慣行は国内外とも通用しなくなる。雇用による仕事の仕方は、日本国内にとどまらず世界規模で考えないといけない。日本の労働法の労働契約は、形式的にはジョブをもとにした契約である。しかし実際の運用は、属する組織とのメンバーシップ契約(身分契約)的となっている。メンバーは長期雇用慣行、年功賃金制度待遇であることから、簡単には解雇されない(解雇権濫用の法理などの判例法理)。ただし、これは正社員のみであり、非正規社員ではジョブ契約の色彩をおびる。日本では非正規雇用の形態で働く人が3割を超えており、従来の正社員基準のメンバーシップ型雇用契約では対応できない。一方日本において、テレワークが普及しない理由としては、労務管理ができないといわれることが多い。これは日本の労働契約はメンバーシップ(その組織に属するメンバーである人事)の管理であり、仕事そのもののジョブの管理ではないからである。以上から、グローバル時代における日本の雇用型テレワークの労働契約は、メンバーシップ型雇用契約からジョブ型雇用契約にワークシフトすべきと提言する。

This paper attempts to examine what Japanese employment contracts of telework have become today and in the future from a viewpoint of a historical origin of contracts. In advance of globalization, Japanese traditional employment conventions will be not acceptable to both domestically and internationally. We should review ways to work by employment not only from viewpoints inside Japan but also all over the world. In Japan, according to employment law, employment contracts are formally agreements based on job. However, actual operations are practiced on membership contracts. According to the fact that an employee is one of members of his organization, there exist the long-term employment practice and the age-based remuneration system. In other words, it's inconceivable that an employee gets fired just because his position is no longer necessary for his organization. (Doctrines of abuse of rights of dismissal). This is applied only for permanent workers, and non-permanent workers are employed based on job contracts. In addition, now, there are over 30% of workers with non-permanent employment in Japan. Traditional membership contracts focused on permanent employee have limitations. In contrast, it is often said the reason telework does not become common in Japan is that it is difficult for organizations to manage workers. Traditional personnel affairs, managing members belongs to the organization, cannot afford to administer job itself. From the above-mentioned, it is proposed that Japanese employment contracts of telework should be shifted from membership employment contracts to job employment contract in the global age.

収録刊行物

  • 日本テレワーク学会誌

    日本テレワーク学会誌 11(1), 51-55, 2013-04

    日本テレワーク学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009603655
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12343236
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1347-3115
  • NDL 記事登録ID
    024947794
  • NDL 請求記号
    Z71-G639
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ