学内無線LANシステムにおける利用統計データの分析とその課題  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 杉木章義
    • 筑波大学システム情報系学術情報メディアセンター University of Tsukuba
    • 佐藤聡
    • 筑波大学システム情報系学術情報メディアセンター University of Tsukuba
    • 和田耕一
    • 筑波大学システム情報系学術情報メディアセンター University of Tsukuba

Abstract

教育や研究環境の充実を目的として,多くの大学で学内無線 LAN システムが導入されている.大規模データ解析の手法を学内無線 LAN の統計データに応用すれば,従来の手法では見つけることのできなかった潜在的な問題を発見し,また戦略的なネットワークの配備計画が可能になることから,利用者から見た学内ネットワークの品質を大幅に向上させることができると期待される.本論文では,学内無線 LAN システムに関する利用統計データを蓄積し,対話的に解析を行うためのシステムについて提案する.また,いくつかの解析事例について紹介し,その際に課題となる利用者のプライバシーやセキュリティに関する配慮などについても議論する.

Journal

  • IPSJ SIG Technical Reports

    IPSJ SIG Technical Reports 2013-IOT-23(7), 1-5, 2013-09-20

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009610277
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12326962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top