リスクにおける自治体のマスメディア対応に関する調査分析 : 2009年新型インフルエンザの行政広報を事例にして  [in Japanese] A Survey on the Local Government against Mass Media in Risk : Case of Administrative Public Relation of 2009 H1N1 influenza  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は、2009 年に発生した新型インフルエンザ・パンデミック下で、マスメディア対応を積極的に行っていた地方自治体の特徴を明らかにすることを目的としている。新型インフルエンザ・パンデミック下で、市民は、新型インフルエンザウイルスに関する情報、行政の対応に関する情報などマスメディアを媒介にして知る。そのため、国や地方自治体の対策として、有効な情報を、誰が、どのようなタイミングで、どのようにマスメディアに伝えるかという問題が、重要な課題となる。そのため、2009 年に発生した新型インフルエンザ・パンデミック下において、マスメディア対応を積極的に行っていた地方自治体にはどのような特徴があるのか、2012 年8 月に実施したアンケート調査を分析することで明らかにする。

This article has aimed to clarify the feature of the local governments that positively didthe mass media measures under the 2009 H1N1 pandemic. The citizens learn under the 2009 H1N1 pandemic through the mass media like information on the H1N1 influenza virus and information on the measures of the administration, etc. Therefore, the problem how according to what timing passes on effective information to the mass media becomes an important problem as measures of the country and the local government.Therefore, it clarifies it by analyzing the survey to the local government that executedit in August, 2012 though what feature the local government that measures the mass mediaunder the 2009 H1N1 pandemic as part of an administrative public relations.

Journal

  • 尚美学園大学総合政策論集

    尚美学園大学総合政策論集 (15), 11-28, 2012-12

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009611005
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12006349
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-7049
  • NDL Article ID
    024871922
  • NDL Call No.
    Z71-M997
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top