利用行動からみた「場」としての図書館に求められる建築的な役割(<特集>デジタル時代の図書館建築とその施設・設備) Architectural planning and design for the library as a "place"(<Special feature>Library buildings and their facilities in the digital age)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中井 孝幸 NAKAI Takayuki
    • 愛知工業大学工学部建築学科 Department of Architecture, Faculty of Engineering, Aichi Institute of Technology

抄録

公共図書館と大学図書館では,利用者層や利用内容,提供しているサービスも異なるが,アンケート調査や行動観察調査から,利用者が図書館という「場」に何を求めて利用しているのかを整理し,図書館計画への示唆を得ることを目的としている。公共図書館では,図書の貸出が主な利用ではあるが,館内での滞在的な利用も多くなっている。少数ではあるが人ごみに紛れることで匿名性を確保して,落ち着きを求めている利用者も見受けられた。大学図書館では,個人で集中して勉強する場としての利用が多いが,会話を伴う学習形態も増えている。静かな場所とにぎやかな場所,アナログとデジタル資料など,利用者は図書館サービスを適切に使い分けている。

This paper discusses the planning of public libraries and academic libraries as a place based on users' behaviors and their consciousness. In public libraries, many users borrow books and also stay there to study or read books. Some users select a comfortable seat because there are many people and they don't feel lonely. In academic libraries, many users use the place to study alone, but others use it to communicate with friends or to study and discuss with friends. They use analog data and digital data, or quiet space and active space depending on the occasion.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 63(6), 228-234, 2013

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009612387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    024519440
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ