「軽度」障害者のジレンマが語る日本社会における障害問題構造  [in Japanese] The dilemma of people with 'slight' disabilities: an analysis of their narratives on the controversial structure of disability in Japanese society  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1「軽度」障害者のジレンマが問いかけるもの : 1960年代後半から展開されてきた、新しい社会運動としての障害者運動の息の長い取り組みを受けて、日本政府は、それまでの1970年制定の心身障害者対策基本法を改正し、1993年に、障害者基本法を制定した。障害者基本法での注目すべき改正点は、前身の対策基本法の第3条「すべての障害者は、個人の尊厳が重んじられ、その尊厳にふさわしい処遇を保障される権利を有するものとする」に、新たに第2項「すべての障害者は、社会を構成する一員として、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられる」がつけ加えられたことである。改正の背景には、1990年代の政府の福祉基礎構造改革があり、また、1981年国際障害者年以降の障害者政策の進展があった。さらに、2004年には障害者基本法は再び改正され、第3条第1項の「処遇」を「生活」に変更すると共に、新たに「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」という差別禁止条項が第3項として新たにつけ加えられた。しかしながら、この差別禁止条項を現実のものとするには、何が「障害」なのか、そして「障害を理由とした差別」とは何かが定義されなければ、法律を的確に動かすこと、また必要な法整備を進めるはできない。ところで、この1993年障害者基本法制定以降、障害者政策の策定、実施において、障害当事者の声をくみ取ることの重要性が認識されてきた。その一方で、近年、障害当事者のなかでも「軽度」障害者を自認する人びとから、「障害」のある人を、いわゆる「障害者」として十把ひとからげに取り扱うことの問題が提起されている[田垣、2002、2006:秋風、2008]。……

Journal

  • The Journal of human rights

    The Journal of human rights (11), 23-44, 2011

    Osaka City University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009614757
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11571246
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346454X
  • NDL Article ID
    11220548
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z71-F597
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top