ブラジル日系コロニアと部落問題 : 部落問題は、どのように語られてきたのか?  [in Japanese] Buraku-Mondai and Japanese Colonies Brazil  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1. 部落解放の文化の不在 : 「部落解放の文化」という言葉は、今まで語られたことはない。『部落問題・人権事典』(2000年)にも、それ以前の『部落問題事典』(1986年)にも、この言葉はない。しかし、「部落解放の文化」という概念は重要である。このことに気づかされたのはブラジル移民の部落問題認識を分析している時である。部落問題をどのように認識するのか、ある出来事を部落差別としてとらえるのか、とらえないのか、これはひとえに認識の枠組みに依存している。その認識の枠組みや感じ方は、人びとによって共有されている。そのように共有されたものとして文化をとらえる。ここで「部落解放の文化」というのは、大雑把にいえば、「水平社宣言」(1922年)以降の解放運動によって生み出されてきたさまざまな認識の総体である。たとえば部落民であることを卑下せずに、差別に対しては徹底糾弾を行うという思想や、部落民としてのアイデンテイティをもつこと、部落解放の主体となる思想などを含んでいる。……

Journal

  • The journal of human rights

    The journal of human rights (12・13), 97-110, 2013

    Osaka City University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009614778
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11571246
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-454X
  • NDL Article ID
    024766029
  • NDL Call No.
    Z71-F597
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top