近代大阪における都市部落の創出  [in Japanese] Creation of the Buraku Community in Modern Osaka  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はじめに : 研究史整理と課題設定 : かつて歴史学研究の方法論にパラダイム転換をもたらした社会史研究から多大な影響をうけた部落史研究は、都市の被差別部落(以下、部落)の日常的営為を究明する分析視角を採用し、1980~90年代にかけていくつかの示唆に富む成果を共有してきた。本稿との関連では、大阪市北部の部落を対象とした研究が深化したことによって、豊富な蓄積を有する岡市南部に位置する西浜部落の歴史的研究に較べて立ち遅れていたそれまでの状況が大きく変化し、大都市における部落問題を考察するうえで欠かすことのできない視点が提示された。……

Journal

  • The journal of human rights

    The journal of human rights (12・13), 111-126, 2013

    Osaka City University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009614779
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11571246
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-454X
  • NDL Article ID
    024766035
  • NDL Call No.
    Z71-F597
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top