日本における算数・数学研究授業の実施状況に関する調査研究  [in Japanese] Study of Mathematics Research Lesson in Japanese Schools : How Japanese school use mathematics research lessons for their professional development  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,日本の研究授業の実施状況を把握し,授業研究を通した現職教員研修や教員養成の充実並びに国際貢献のための基礎資料を得ることを目的とする.全国の公立小・中・高等学校から無作為に抽出した学校に質問紙調査を実施した結果,平成23年度に算数・数学の研究授業を参観も実施もしていない教員が小学校で16%,中学校で11%,高等学校で21%いたことや,授業後の協議会を行わなかった研究授業が小学校で6%,中学校で11%,高等学校で22%あったこと等が明らかになった.さらに,「目標」「教師」「子ども」「教材」からなる「教授学的四面体」に照らすと,小学校では,それら4つに関する検討がおおむねなされているが,中学校では,校内研究で「目標」「教材」に関する検討が,地域の研究授業では「子ども」に関する検討が不足する傾向があること,高等学校では「教師」に関する検討に偏る傾向があること等が明らかになった.また,これらに対する改善策として,研究授業において「授業前協議」を設ける等の示唆を得た.

Journal

  • Journal of Japan Society of Mathematical Education

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 95(6), 2-11, 2013-06-01

    Japan Society of Mathematical Education

References:  13

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009615620
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00285586
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0021471X
  • NDL Article ID
    024768021
  • NDL Call No.
    Z7-228
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top