日本におけるメディア・リテラシーの変質とその原因 : 「メディア教育」に関する言説の分析から  [in Japanese] The Process of the Alteration of "Media Literacy" in Japan : In Relation to the Discourse on "Media Education"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本において,メディア・リテラシーは複合的な能力としてとらえられている。しかし教育実践の中では,メディアによって表現する能力,メディアによる情報を解釈する能力,メディアを使用する能力といった要素のうち,ひとつだけにしか力点を置ていない場合でも,それはメディア・リテラシー教育であると解釈されてきた。メディア・リテラシーの解釈が多様化しはじめる傾向は,1980年代から90年代にかけての「メディア教育」に関する議論の中に見出すことができる。日本のメディア教育が「メディアについての教育」と「メディアによる教育」を統合する概念へと変化する中,メディア教育が目標とする能力であるメディア・リテラシーの解釈もまた,その幅を広げていった。結果として日本では,「メディア教育」の枠組に含まれるあらゆる実践を「メディア・リテラシー教育」として解釈しうる状況が生まれたのである。

The purpose of this paper is to show that the meaning of "media literacy" was changed in arguments about "media education" in 1980s in Japan. By this change, many practices without the factor of critical thinking are regarded as "media literacy education." Many teachers have been confused by this situation. In Japan, "media education" has contained both "audiovisual education" and "broadcasting education" since 1980s. And all practices about "audiovisual education" or "broadcasting education" were regarded as "media literacy education," because "media literacy" is the ability to be learned through "media education." We should think about the origin of "media literacy" with critical thinking.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 18(1-2), 13-23, 2012

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009616711
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    023985569
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top