教材映画『石炭』にみる教師の教育映画観 : 1920年代後半から30年代前半における学校教育と映画の関係の一側面  [in Japanese] The Relationship between Movie and School in Early 1930s : Represented Through a Film "SEKITAN"(Coal)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では映画の教育利用を推進する全日本活映教育研究会の監修で1933年に作られた理科の教材映画『石炭』の内容を分析して教師や教育関係者の思想との関連を考察した。映画は教科書だけで授業を展開させるのが難しい部分を補完するように作られていた。これは教師が教材映画に求めていたことと一致していた。このことは娯楽性と興行性の排除とも関連するため,興行映画製作者を排除し教育関係者の手で教育映画を作ろうとする思想の表れとも解釈できる。一方で映画には教科書にはない場面も存在した。ここには,時間とともに場面が変化するメディアであるために映像の一貫性やつながりへの考慮が生じるという映画特有の事情が影響していたと考えられる。教師はこの場面に映画の教科横断的な利用可能性を見出していたことから,『石炭』は当時の教師の教育映画観を反映したものであるとともに,彼らの教育映画観に影響を与えるものでもあったと考えられる。

This paper focuses on the relations between the movie and school education, by analyzing an educational film "SEKITAN" (Coal), directed by a research society of using movie in education. The film begins the message that "this film made and edited parallel to contents in a 5-grade science textbook". This is a blistering criticism that former films made by commercial moviemakers are not suitable for educational use, and a declaration that educational films must be made by people engaged in education. On the other hand, "SEKITAN" includes the scenes that are not represented in the textbook. Generally, it is hard for films to watch again or play back smoothly and quickly. This requires careful consideration in movie making to contexts of scenes, as producers of "SEKITAN" adds the scenes that are not referred in the textbook. But these scenes produce a new use of films in a school education.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 18(1-2), 25-36, 2012

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009616712
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    023985589
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top