P-098 In vivoコメットアッセイにおける手法間差の検討(2)(VII.遺伝毒性試験法(II),ポスターセッション) P-098 A study of effects of test method on in vivo comet assay results (2)(VII. Genotoxicity Test (II),Poster Presentation)

この論文をさがす

著者

    • 京谷 恭弘 Kyoya Takahiro
    • クミアイ化学工業株式会社生物科学研究所 Life Science Research Institute, Kumiai Chemical Industry Co., Ltd.
    • 岩元 莉香 Iwamoto Rika
    • 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科 School of Nutritional and Environmental Sciences, Univ. of Shizuoka
    • 飯尾 美沙子 Iio Misako
    • 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科 School of Nutritional and Environmental Sciences, Univ. of Shizuoka
    • 増田 修一 Masuda Shuichi
    • 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科 School of Nutritional and Environmental Sciences, Univ. of Shizuoka

収録刊行物

  • 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集

    日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (41), 139, 2012

    日本環境変異原学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009617032
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11167240
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ