LinkedInを通したSNSの学術利用の可能性について(若手カンファレンス報告)  [in Japanese] Exploring the Possibility of Academic Use of the LinkedIn(Conference Reports)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本報告書は,2012年研究大会・プレカンファレンスでの筆者の発表に,加筆・修正を加えたものである。LinkedInは,世界中で2億人規模のユーザーを抱える,プロフェッショナル専用のSNSである。筆者を含む社会情報学会若手支援部会(SSI-BJK)のメンバーは,プレカンファレンス開催の半年以上前から実際にLinkedInのアカウントを作成し,いくつかのサービスを利用して,その学術利用の可能性を探った。その結果,LinkedInは研究者のブランディングやターゲットを絞ったコミュニケーションが可能である点で,ビジネスユーザーだけでなく,学者・研究者の利用にも適しているであろうことが分かった。しかし一方で,安全性やプロジェクト管理適性など,各種問題があることも判明した。筆者個人としては,LinkedInはSNSの学術利用に適してはいるが,オールインワンではなく,一定の利用コストもあるので,SNS併用の可能性も視野に入れながら,学会全体でSNSの比較検討を続けていくことが望ましいと考える。

This report is the added and altered version of the author's presentation at the 2012 preconference hosted by the Society of Socio-Informatics task force for young researchers support (aka "SSI-BJK"). The author and the members of the SSI-BJK actually used the LinkedIn, globally renowned as the SNS for professionals, in order to explore the possibility of its academic use. The findings show both the positive and negative sides of the LinkedIn. The author argues that since the LinkedIn is suitable for academic use but not a all-in-one SNS, with certain costs, a continuing comparative review of conceivable SNSs by the SSI will be desired.

Journal

  • Socio-Informatics

    Socio-Informatics 2(1), 3-8, 2013

    The Society of Socio-Informatics

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009624596
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12586577
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2187-2775
  • NDL Article ID
    024743898
  • NDL Call No.
    Z72-E948
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top