ソーシャルメディア活用による個人・組織のブランディング戦略(若手カンファレンス報告)  [in Japanese] Personal and Organization Branding Strategy by Practical Use of Social Media(Conference Reports)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Twitter, Facebook, LinkedInに代表されるソーシャルメディアは,現代社会において極めて重要なコミュニケーションツールとなった。ソーシャルメディアを活用できれば,世界の出来事を即座に知る,自分のことを世界に向けて発信する,興味を持った誰かとつながるなどの様々なメリットが得られる。このようなソーシャルメディアの時代は,個人が活躍する時代といわれ,パーソナルブランディングが自分の強みを活かす上で非常に重要となる。一方,企業,政府や自治体,学会などの組織は個人の集合体であるため,所属する個人のブランドの総和により組織のブランドが決定される。本稿では,ソーシャルメディア活用とパーソナルブランディングに関する筆者の取り組みを紹介し,個人・組織のブランディング戦略について考察する。具体的には,各ソーシャルメディアの特徴と使い分け,コミュニケーションデザインについて紹介する。本稿が個人・組織のブランディングにおけるソーシャルメディア活用に寄与できれば幸いである。

Social media, such as Twitter, Facebook, and LinkedIn has been popularized. In the social media times, many people become more active between online and offline. Personal branding is very important strategy in order to use individual strong points. In this paper, actions of the author about practical use of social media and personal branding are introduced. It is expected that this paper will contribute to proper use of social media for each purposes and adoption of a communication design.

Journal

  • Socio-Informatics

    Socio-Informatics 2(1), 9-15, 2013

    The Society of Socio-Informatics

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009624597
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12586577
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2187-2775
  • NDL Article ID
    024743922
  • NDL Call No.
    Z72-E948
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top