ぺた語義:ソフトウェア開発PBLの定量的評価 -クラウドコンピューティングの活用-  [in Japanese] "Peta-gogy" for Future:Quantitative Evaluation for Software Development PBL using Cloud Computing  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ソフトウェア開発を伴うPBLでは,コンパイラや統合開発環境,版管理システムといった演習環境の導入,保守に関する課題と開発プロセスを受講生に如何に重視させるかという課題が存在する.我々は演習環境をクラウド化(PBL as a Service)することで,演習環境の導入コストの削減と受講生のモニタリングを実現した.クラウド化された演習環境を前提とすることで,プロジェクトにおけるプロセスの定量的評価尺度の策定が可能となり,プロセスを重視したPBLを実施できるようになった.

Journal

  • 情報処理

    情報処理 54(12), 1266-1269, 2013-11-15

    情報処理学会 ; 1960-

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009625660
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    0447-8053
  • NDL Article ID
    025009967
  • NDL Call No.
    Z14-352
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top