検索ホットワードとブログ系テキストの関係を探る On Relations between Top Search-queries and blog/twitter Texts

この論文をさがす

著者

抄録

検索サービスに入力される検索語のうち入力頻度が急上昇したものを「検索ホットワード」(バースト語)と呼ぶ。本稿では、これらの語が検索エンジンやブログ、twitterで経時的にどのような頻度で言及されているかを分析するとともに、検索頻度が急上昇した要因となる事象がこれらの書き込みから推定可能かを検討した。その結果、twitterでの言及のバーストが検索クエリ頻度上昇の先行すること、バーストの時間がその契機となった事象(例えば、TV番組での指示対象事物の露出など)にかなり即応的であることなどがわかった。また、急上昇ワードの「由来」や急上昇となった「要因」がtwitterの分析によって70%程度推定可能であることなどが分かった。

Busty queries given to a search engine show users' emerging interest. This paper investigates how bursty queries relate to blog and microblog texts referring to these queries. Specifically, we compared temporal change in frequency of query logs, blog articles, and twitter messages that refers to the same (bursty) query. Our data suggests that twitter messages burst no later than the remaining media and that they quickly response to the event that triggered an individual query-burst.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 112(196), 31-36, 2012-08-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009627034
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023934939
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ