語りの構造に照応するジェスチャーの同期 : 2人が語り手になりうる3人会話において語りはどのように構成されるのか  [in Japanese] Simultaneous Gestural Matching Corresponding to the Structure of Storytelling : How Story is Constructed in Three-party Conversation That Has Possible Co-teller  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

二人以上が同時に同じジェスチャーをする現象(ジェスチャーの同期)が産出されるタイミングを語りの構造に照らして分析すると,大きく2つのタイミングで産出されていることがわかった.ひとつは語りのクライマックス,もうひとつは語りという活動から行為が逸れたときである.本稿では,ジェスチャーの同期現象と共に生じることばや視線配布とのマルチモーダルな連鎖関係を記述することで,ジェスチャーの同期が2つのタイミングで生じることにより,語りという活動に対して,またその場の参与者に対してどのようにはたらいているのかを考察する.

SGM (Simultaneous gestural matching) is a collaborative phenomena which more than two parties produce the same gesture on the same time. Analyzing SGM are corresponded to the structure of storytelling, it reveals SGM are produced almost two timings: (1)in the climax of storytelling, (2)in relation to deviate from storytelling. This paper considers how SGM in storytelling works describing multimodal sequential structure such as speech, gesture and gaze direction.

Journal

  • Technical report of IEICE. HCS

    Technical report of IEICE. HCS 112(176), 61-66, 2012-08-11

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009627190
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10487226
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    023935525
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top