患者の自己決定権の国際比較とわが国への示唆  [in Japanese] A Comparative Study on Patient's Rights to Self-decision and Suggestions to Japan  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は、欧米各国における患者の自己決定権のあり方を法規定の面から比較検討し、患者の自己決定権をめぐる論点を明らかにすることである。筆者は、アメリカ、スウェーデン、イギリスの事例を取り上げ、そこには多くの共通点とともに注目すべき相違点もあることを認めた。これらを考察することによって、結論として、患者の自己決定権の実効性の確保、歴史的な経過や医療制度の特徴を反映させる必要性、情報の共有プロセスの実体化の三つの論点を提起した。

Journal

  • Japanese Society for the Political Economy of Health and Health Care

    Japanese Society for the Political Economy of Health and Health Care 30(1), 28-43, 2013

    Japanese Society for the Political Economy of Health and Health Care

References:  31

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009631240
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11563146
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    1344-9176
  • NDL Article ID
    024843979
  • NDL Call No.
    Z6-1600
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top