商品に関するTwitter上のコミュニケーションと販売実績の関連性分析  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 鶴見 裕之
    • 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院経営学専攻
    • 中山 厚穂
    • 首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻

Abstract

本研究ではTwitter上のコミュニケーションと一般消費財の販売実績との関係性を分析した.実証分析Iでは回帰モデルをベースに構築した分析モデルをビール系飲料「商品A」のPOSデータ,広告出稿データ,Twitterデータに適用し,商品の販売実績とツイート数における正の関係性を捕捉した.実証分析IIでは,パス解析を用いて同データを分析し,双方向モデルによって販売実績が伸びるからツイート数が増えるのではなく,ツイート数が増えるから販売実績が伸びる,という因果の方向を確認した.あわせて,商品のテレビ広告がTwitterを経由して販売実績に与える間接効果を確認した.

Journal

  • [O]perations research as a management science [r]esearch

    [O]perations research as a management science [r]esearch 58(8), 436-441, 2013-08-01

    The Operations Research Society of Japan

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009631378
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364999
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL Article ID
    024804966
  • NDL Call No.
    Z4-108
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top